男の人

お手頃な価格設定が注目されている東邦ハウジングは人気急上昇中

  1. Home
  2. 配置を考える

配置を考える

住宅

家の中心に廊下を配置することで、無駄な空間のない注文住宅を京都に建てることができます。廊下が中央にあることで、リビング、ダイニング、脱衣洗面所、サービスバルコニーなどへの移動が効率的になります。廊下を回遊型にすることも人気があります。こうした廊下がありますと、注文住宅の中をぐるりと一周することができます。リビングとダイニングの間など複数の人が移動する可能性が高い空間は、広めにとることも大切です。注文住宅は一階の空間にリビングやダイニングを配置することが多いです。リビングやダイニングは収納機能が十分である必要があります。客間などは、隣地や外部から十分にプライバシーが確報されていることが重要です。

京都の様々な景色を楽しめる注文住宅を建てるには、庭などのエクステリアを自分好みにする必要があります。エクステリアにサービスヤードがありますと、とても便利です。サニタリーやキッチンから直接、サービスヤードに出入りできますと、日々の生活がとても快適になります。メインガーデンをリビング、ダイニングに面した場所に設置することで、室内との連動性を生むことができます。こうした住宅は生活空間をより広く感じることができます。京都は街並みがとても特徴的ですので、その街並みに合うようにエクステリアを作る必要があります。全面道路と塀との距離を隣家と揃えるようにすることで、街並みと調和のとれた京都の住まいとすることもできます。